So-net無料ブログ作成
検索選択

Weekend Trip

ちょっと前のことになりますが・・・
週末のお休みに、ニューヨークにある牧場に行ってきました♪
私にとって、とっても貴重な体験でした。

この牧場は、酷い環境で飼育されていた家畜を保護をしている牧場です。

私たちが日頃何の気なしに口にしているミルクやお肉(牛、豚、鳥など)、卵、魚・・・どのような経路をたどって市場に出回っているか・・・知っていますか?

これがすべてではありませんし、国によってもさまざま違いがあると思いますが・・・より多くのミルクを市場へ出すために、より多く、より安くお肉や卵を提供するために・・・動物たちを“モノ”のように扱っているカンパニーがたくさんあることを知りました。もちろん、すべてのカンパニーがこのように動物たちを扱っているわけではありません。
余分なものは、躊躇無く排除(捨てる=殺処分)する。
ホルモンを投入してより多くの卵や牛乳を獲得する。その結果、必要以上に育ちすぎて、歩けなくなったり、身体障害をきたす動物たち。
より多くのプロダクツを得るために、多くの家畜を狭いスペースで飼育。牛や豚、鳥を狭いケージに閉じ込め、栄養状態も考えられないままの餌を与え(餌には遺伝子組替え食品も使用されている)、ケージは不衛生・・・。
そして、どのような順序、方法を経過して食品として店頭にならぶのかなどのドキュメンタリーを数多く見ました。
それは、それは、とてつもなく酷いものでした・・・。

ショックでした・・・。

私たちが訪れた牧場は、動物を“モノ”のように扱っている所からレスキューした動物たちを育てている牧場でした。

私たちは、牧場が開催しているツアーに参加し、それぞれの動物の基本的な特徴や、動物たちがどのような状況からレスキューされたか、現在どのように飼育されているかなどを動物たちとふれあいながら学びました。

DSC_0355 のコピー.jpg

DSC_0384 のコピー.jpg

S_0501.JPG

こうした経験も、今の私の食生活に影響しています。







メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。